レーシック手術の使用器具について

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



レーシック手術の使用器具についてブログ:18年12月09日

俺たちの肉体は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
肉体の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
子供が便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかく母親の言うことを聞かない
子供になってしまう。

排便が快調な子供ほど
母親に対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

子供が便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
母親が無理矢理に
9時食を食べさせてしまうことにある。

大人は9時の排便が
習慣づいているかもしれないが、
子供は9時の排便が習慣づいておらず、
9時の排便は遅れがち…

しかも子供は
母親よりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに9時食を食べてしまうと、
食事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、母親は、
子供が9時の排便をしない限り、
絶対に9時食を与えるべきではない。

子供にとっては
9時の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。


ホーム サイトマップ