レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう


レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるようにしましょうブログ:18年07月11日

早く痩せたいからといって、
極端な食事制限をして減量する人がいます。
確かに、食べなければ痩せることは簡単です。

しかし、
食べないことを続けていくことができますか?
極端な食事制限による減量には、
大きな落とし穴が待っているだけですよ!

私たちの体質には
素晴らしい本能があります。

体質の中が飢餓状態になると、
代謝を落として入ってきた栄養の多くを
なるべく備蓄に回すように働きます。

このような動きをしだすと、
私たちの本能はこの作業をやめません。
以前と同じ量の食事を食べても、蓄積される量が多くなり、
太りやすくなっていきます。

減量前より
確実に太りやすい体質ができてしまいます。

食べない減量を続ければ、
最終的には
減量前より太るということなのです。

減量中でも
体が欲しがっている食べ物は、食べることが必要です。
本当に食べたいと思うものは、
我慢しないで食べた方が精神的にもよいということです。

しかし、
目が食べたがっている物や習慣的に食べている物は、
食べないような習慣を作っていくことが大切です。

連日の食生活を急に変えることはできませんが、
意識して少しずつ変化させていけば
意外と簡単にできるようになりますよ。

それと、絶対に食べないということもよくありません。

友達などと外食するときは、
食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。
それはそれでいいと思います。

意識的に1日を通して摂取カロリーを考えていれば、
外食したときに多くなっても調整できます。

減量中でも、
自分が食べたいなと思ったら、我慢しないで、
少しずつ、より美味しく食べるようにしましょう。

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス