レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう


レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるようにしましょうブログ:18年12月12日

体操を定期的に取り入れて
順調に体重が落ちていたのに、
最近は体重がまったく減らなくなった…

減量を行ったことがある方なら
一度はこのような経験をしたことがあると思います。

いくら体操を頑張っていたとしても、
ある日突然、体重が落ちなくなる…それは稀なことではありません。
この原因として体操のマンネリ化の影響があります。

体操しているのに
体重が落ちなくなるのは、
体操に肉体が慣れてしまい反応しなくなるからなんです。

食べ物でも、
美味しいからといって連日食べれば飽きてしまいますよね。
体操でも同じことが言えるんです。

なので、減量中、
体操はマンネリ化しないようにしないといけないのです。

体操を定期的に変更することで、
肉体が刺激に慣れることを防ぐことが出来るので、
順調に体脂肪を燃焼することができますよ!

定期的に体操を変更することは簡単です。

例えば
ジョギングばかりしているのなら、
1週間に1回エアロバイクを行うようにするとか…

2種類の体操を行うだけで、
体操のマンネリ化は簡単に防ぐことができるのです。

ただ、
2種類の体操を行ったとしても、
同じ曜日に同じ体操をしたら、
やはり体が体操に慣れてしまいます。

例えば…
月曜日ジョギング、水曜日エアロバイク、金曜日ジョギングのメニューで
1ヶ月体操したら、
翌月は月曜日エアロバイク、水曜日ジョギング、金曜日エアロバイクと
変更するようにすれば、
体操の強度が変わるので効果的となります。

その他、
ジョギングだけの1週間、エアロバイクだけの1週間など、
やり方はいろいろとあるので、
定期的に変更するようにしましょう。

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス