レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう


レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるようにしましょうブログ:18年09月17日

シェイプアップを始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのに体操しなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早くシェイプアップを終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

シェイプアップ関連の商品では、
「1ヶ月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の肉体にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、シェイプアップというのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、肉体を壊してしまっては
何のためのシェイプアップかわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減を1ヶ月の間に実現することが
理想的なシェイプアップなんだそうです。

ですから、
1ヶ月に10キロ以上のシェイプアップをしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
シェイプアップ商品のコピーでよく見られる、
1ヶ月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
肉体への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、シェイプアップの鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しいシェイプアップをする必要もありません!

また、
「シェイプアップ=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「ミーにはこらえ性がないから、シェイプアップなんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
シェイプアップを始めましょう!

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス