レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある


レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。




レーシックの失敗例はクリニック環境に問題があるブログ:19年02月11日

おれの母親は長男である親父と結婚しました。
結婚して間もなく、親父の親と同居…

親父、母親、
祖父母、お姉さん、おれ、妹の7人の大家族でした。

祖父母、親父、おれたちと食べ物の種類がいつも違うので、
母親は6時から夜まで
食事に追われていたことを覚えています。
時代が違うのもあるかもしれません…全て手作りでしたからね。

「長男の嫁は苦労する」
これがおれの大きなイメージでした。

親戚にも気を遣い過ぎていたほどの母親。
見てて痛々しくて、おれたちは3人の女姉妹であるにも関わらず、
ほとんど親族には近寄ることはなく、
母親が一人であくせくしていたと思います。

あの時代に帰れたらもっともっと手伝いたかったなあと、
今では後悔することばかりですけれど…

「長男の嫁は苦労する」とは思いつつも、
おれは一度目の結婚のとき、旦那は長男でした。
旦那の母親は心からおれを歓迎してくれました。
今はそう思えます。

ところが、あのときのは猜疑心いっぱいで、
旦那の実家に行くことがとてもしんどくて嫌だったんです。

それにはじめてのお子さんで男の子だったから、
とても家族に可愛がられていた分、
結構旦那は実家では自由きままだったんですよね。
それがうらやましくもあったと思います。

だけど
旦那との関係が悪化したとき、
旦那の母親に散々責められてしまいました。

今考えると、旦那の母親だって、
自分のムスコが不幸になると思ったら、
そりゃあおれのことをなじらずにはいられないだろうし、
お子さんを思えばこそ、当然のことだろうと思えますが…

あの時は
「結局、お母さんは私を嫌いだったんだ!」
と、おれの怒りが大爆発だったんです。

だから旦那のことも理解せず、
旦那の母親の気持ちも考えず
そのまま離婚してしまいました。

レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス