レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。





ジェシースティール
ジェシースティールの案内
URL:https://www.suplinx.com/shop/r/r295


レーシックは妊娠中は避けるようにしましょうブログ:18年08月09日

うちのむすこは、二歳になったばかりです。
一週間位前、はじめて遊園地に連れて行きました。

ジェットコースターにはまだ乗れませんが、
汽車に乗ったり、広場を走り回ったり、
アンパンマンショーを見たり…

あたくしも嫁も、
あさからまで汗だくで走り回り…
本当に楽しかったです。

むすこが生まれてから、
ずっとその成長をビデオに収めているのですが、
最近ちょっと忙しくてビデオを撮っていませんでした。

それで久しぶりにあたくしは、
ビデオカメラを片手に、
あさから夜まで
むすこを追いかけまわしました。

今までで一番の長編です!

くたくたになって家にたどりついたのに、
親としては、やっぱりすぐに観たいものです。

深夜に早速、上映会。
テレビに映し出されるむすこを
微笑ましく眺めるあたくしと嫁。

娘はかわいいですよね!
笑っていても、泣いていても…

だけど、
そのビデオを観て一番喜んでいるのは、
むすこ自身なんです!

ビデオの中の自分を大喜びで、
テレビにくらいついて見ています。

そして、ビデオが終われば、
「もう一回!もう一回!」と何度も何度もせがみます。
「もうだめ!」と叱るまで、永遠に自分を見て楽しんでいます。

あたくしが知っているかぎり、
娘は自分のことが大好きです!

そんな大好きな自分が、
感じる気持ちや欲しいものにもただただ素直です。

いつでも、誰にも、どんな事でも、
自分の感じる気持ちを、素直に表現します。

これは、
自分が好きでないとできない事です。

そんなむすこの周りにいる人達は…
あたくしや嫁、おじいちゃんやおばあちゃん、
おじさんやおばさん達までも…
みんなむすこのことよく知っています。

だから、むすこの人生は本当に豊かです!


ホーム サイトマップ